平遥古城

平遥古城

平遥古城は2700年余りの悠久な歴史をもっている文化の古城で、都市の周りは6162.68メートル、総面積は2.25平方キロメートルで、中国国内において保存が最も完備している明清時期の古代県城の原型であります。こちらは完備している城壁、街、店、廟、民家からなっている大型古代建築群で、中国漢民族の中原地区での県城建築体系の典型的な代表です。平遥古城は紀元16世紀から中国北方通商都市で、19世紀中葉には最も盛んになり、一時は中国の近代金融業のコントロールセンターでした。平遥古城は中国の古代都市の変遷、都市の建築、人類居住形態と伝統の文化の発展について研究する重要な歴史的価値、芸術的価値、科学的価値を持っています。

Tips

Address

山西省平遥県

Best time to travel

4——10月


Travel Tips

街公演:「県太爺出巡」、「迎親嫁女」、「状元誇官遊街」、「財神賜福」 観光地の固定的な公演:県太爺升堂、晋劇、田植え踊り(ヤンコ踊り)の公演、県太爺が城隍廟に礼拝し雨ごいをする、帳房先生が為替手形を書く、票号の店主が見習いを募集する 特定の旅行イベントの項目:平遥国際撮影祭、平遥の中国年

  • 都市の観光スポットに