皇城相府

皇城相府

皇城相府観光地は山西省晋城市陽城県北留鎮皇城村に位置し、丘のふもとと流水のそばにあり、山に依り築き、城壁が雄大で、低い壁が林立し、官邸と民居がずらりと並び、特色のある古代建築群であります。皇城相府観光地の観光面積は十万平方メートル以上で、その建築は山により、形により変化があり、重なった庭で、まちまちでありながら並んでいます。皇城相府は康熙朝の経宴の説明官で、文淵閣の大学士、吏、戸、刑、工四部尚書三級加を歴任し、康煕大帝の先生であり、「康煕字典」の総閲官、清の時代の有名な宰相(意味:古代の役職の名称で、総理大臣に等しい)である陳延敬の官邸であります。内の城に大方の庭が8つ、特に高さが30メートルもある七階河山楼がとりわけ人の注目を引き、楼の中に井、ひき臼、臼、カマド、城外へ通じる闇の路もあり、107間の兵士隠し穴に沢山の兵器と兵士を隠し、城堡を守衛しました。

Tips

Address

陽城県北留鎮

Best time to travel

4月——10月


Travel Tips

春と秋の温度差が大きく、朝夕が涼しく、夏は紫外線が強く、冬は寒いです。旅行時、季節に合わせて、防寒、日焼へ止め、保温の用意をしておくことをお薦めします。

  • 都市の観光スポットに