晋祠

晋祠

晋祠は太原市の西南へ25キロメートルを離れる悬翁山の下に位置し、晋水の発祥地であり、北宋の天聖年间,追风唐が疏虞を汾王にし,大母の邑姜に大規模の聖母殿を建造し、殿内に43尊の宋の時代の色彩のある塑像があり、殿の前に魚沼飞梁喂が此処しか見られない、殿内の両側に難老、善利、二泉であり、晋水の主要の源は此処から流出し、常年不息で,水温は17℃で,清くて底が見られ、祠内の贞観宝の翰庁に唐太宗が直筆の “御碑”、“晋祠の銘並続き”があります。晋の祠に著名な周柏、唐エンジュがあり、,周柏は聖母殿の左側に,唐エンジュが関帝廟にあり、枝が縦横し、今でも生き生きとして、青々と茂っていて、常流不息の難老泉と精巧な宋の時代の塑像の42の歌侍女の像、と聖母像は“晋の祠の三絶”と誉められます。

Tips

Address

太原市の西南

Best time to travel

4月——10月


Travel Tips

1.中、北、南三部分を分けて順次に観光をし、中は中軸線で,晋の祠の正門から聖母殿までは,晋の祠の主体で、北部は文昌宮から呂祖阁まで、建築群が上がり下がりと起伏し、高い芸術価値があります。南部は胜瀛楼から公输子祠まで、極めて江南の園林風情があります。 2、晋祠の奥深いの歴史は沢山の珍奇な古跡を残る同時に沢山の美しい伝説も残っております、興味があれば、正門の入り口で本を買い、園の中でゆっくりと味わいます。 3、春、夏、秋、三季節の景色が非常にいい、冬はあまり良くありません。

  • 都市の観光スポットに