晋城線

ここは、古くて新しい場所で、山西省東南部に位置しており、盆地の中央にあります。歴史は悠久で、史書の記録によると、 上古伝説上の「3人の皇帝」時代までさかのぼることができます。境内に今もなお依然として伝わる「軒轅訪道」、「尭畿禹遠」があります。晋城は太行山、王屋山、中条の山の3つ山の境界に位置しており、華北平原と黄土高原の分水嶺で、ここで類い希な自然な地理景観を形成しました。雄峻の太行は華々しさを極め、密生する原始林、珍しいカルストの洞穴、澄みきっている河湖の飛瀑は人々のあこがれを抱かせます。ここには、北方の最大の鐘乳洞の群の白雲洞、華北の最大の生態の目的地の王莽峰、世界を囲む注ぎ口である棋子山、世界的に有名なすずの壁の道路と高平長平旧戦場などがあります。王莽峰の頂上に昇って、太行山の峰を見ると、重なり合った山々の起伏があり、雲の霧はたばこのようで、ほとばしった潮のようで、まるで墨をはね散らすように書く山水絵巻のようです。皇城が治め、科挙が真っ盛りで、人材が次々と排出され、北方の文化巨族と称することができます。地魂、傑出した人物によって、晋城について、最良の解釈を得ることができます。