大同線

近代的な息づかいと古い文明が、この長城の外のホットな場所で強烈に遭遇した後、1つの全く新しい大同が現れます。高くそびえる古い城壁の内、遼金の時代に光り輝いた大きな華厳寺、善化寺は静かにそびえ立ちます。雲崗石窟は当時の「山堂水殿、煙寺相望」の広大な光景を眺めます。城壁の外では、切り立つビルがすきまなく並んで隣り合うことで、新しい都市の姿が見るもの聞くものがすべてを新鮮に思わせます。大同は、「北魏の帝都」、「遼金の京華」、「明清重鎮」の名誉により千年の古都を持ち、歳月の変遷を何度も経て、遊牧民族の権力の中心から現代都市となっています。 その類い希な魅力を体験できます。