太原線

2500年の歴史の長い流れの中で、太原は唐尭(陶唐氏)がかつていた場所で、戦国の名城で、太原の故郷で、北朝が覇権を持ち、天王北都、中原の北門、九方向の重鎮で、晋商の故郷……「いわれなく更に桑乾水を渡り、そして州が故郷を眺めます。」と言えます。金代の大詩人の元好問が汾河岸辺で筆をふるって書いた永遠の絶唱「世間の情を何に問うか、生死は共に許されると教えられます。」にもある、この帝王の息のかかった都市は、ロマンチックな気持ちにさせることが多いです。崇善寺、純陽宮と孔子廟に肩を並べ、宗教の和睦が共存し、この都市のあらゆるものを網羅する豊かな心を体現しています。太原の情が山水を描き、空高くそびえる双塔を臨み、紅葉に囲まれ、酔蒙山の暁の月を描きます。近代的な都市では、往来が頻繁で、行竜城大通り、長風商務区を観て、繁栄して華やかな柳巷をぶらぶらします。美食を追求し、長く貯蔵したうまい酒をすすり、1碗の麺の翻る香を味わうと、太原の味が濃縮して舌先に長い間残ります。太原に来れば、深く、長い時間が経っても衰えない美しさに陶酔することができます。