交通

交通

地上と航空の交通

 

山西省は中国中部地区に位置しており、北京、天津、鄭州、洛陽、西安、石家荘などの都市に隣接しています。地上と航空の交通がすごく便利で、現在、既に鉄道、自動車道路、航空の立体交通輸送網を形成されており、旅行者の出入りが非常に便利です。

山西省には、大同から風陵渡の同蒲線が南北を貫き、その他に石太線、京包線、京原線、太焦線、邯長線、大秦線、神黄線などの鉄道路線が省内を通過しており、国内の大部分の中都市と大都市に通じています。北京・石家庄高速鉄道の開通に従い、太原は北京の2時間の経済圏に組み入れられ、この線路はまた建てている武漢~広州、広州~深セン~香港の鉄道旅客運輸専用線と連結され、石家庄・太原高速鉄道とドッキングした後で、山西は広範囲に環渤海地区、中部地区、珠江三角洲地区との連絡を強化することができます。さらに太原から鄭州、武漢、広州まで開通した高速鉄道、および近中期計画した他の鉄道線路を加え、1つの網状高速鉄道システムは山西内陸太原を貫きます。

山西省は「三縦十一横十一輪」の高速道路発展計画により、高速道路建設の方面で重大な業績を得ました。現在山西省の高速道路が開通した総道のりは5000キロメートルを突破し、21個の省から出る高速道路口および10万数キロメートルの普通自動車道路から構成された道路交通ネットがあり、全国の前列に位置します。現在、山西省の4A以上の観光地は大部分が高速的に通ることができ、旅行の3時間旅行圏を形成し、即ち省都太原から出発して3時間だけですべての主要な観光地に到着することができます。

民用航空の方面で、省内には、太原、大同、運城、長治の4箇所の空港があり、その中で、太原武宿国際空港については、目下最大の型であるA380などの飛行機の降下の際の要求を満足させることができ、北京、広州、上海、天津、海口などの省都と主要都市の40箇所余りに直行便があり、既に太原から香港の定期便、太原から台北の定期便が開通しています。そして太原から日本、韓国、タイ、シンガポールなどの国際チャーター機の航路も開通しています。また、太原から北京経由でロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、フランクフルトと太原から広州経由でシンガポール、クアラルンプール、ペナンなどの8航路のコードシェア便の航路があります。大同空港は北京、広州、上海、西安、武漢、鄭州、海口、ウルムチ、長春、南京のなど都市へ開通しており、長治にもフライトがあります。長治王村空港から北京、上海、広州、成都、西安と省内の大同に直行便があります。運城関公空港から広州、太原、深セン、天津などの航空路線は、晋西南地区の航空の中心になっています。

 

 

図1:山西省各市鉄道や高速回線図

 

 

 

図2:山西路図


交通

地上と航空の交通

 

山西省は中国中部地区に位置しており、北京、天津、鄭州、洛陽、西安、石家荘などの都市に隣接しています。地上と航空の交通がすごく便利で、現在、既に鉄道、自動車道路、航空の立体交通輸送網を形成されており、旅行者の出入りが非常に便利です。

山西省には、大同から風陵渡の同蒲線が南北を貫き、その他に石太線、京包線、京原線、太焦線、邯長線、大秦線、神黄線などの鉄道路線が省内を通過しており、国内の大部分の中都市と大都市に通じています。北京・石家庄高速鉄道の開通に従い、太原は北京の2時間の経済圏に組み入れられ、この線路はまた建てている武漢~広州、広州~深セン~香港の鉄道旅客運輸専用線と連結され、石家庄・太原高速鉄道とドッキングした後で、山西は広範囲に環渤海地区、中部地区、珠江三角洲地区との連絡を強化することができます。さらに太原から鄭州、武漢、広州まで開通した高速鉄道、および近中期計画した他の鉄道線路を加え、1つの網状高速鉄道システムは山西内陸太原を貫きます。

山西省は「三縦十一横十一輪」の高速道路発展計画により、高速道路建設の方面で重大な業績を得ました。現在山西省の高速道路が開通した総道のりは5000キロメートルを突破し、21個の省から出る高速道路口および10万数キロメートルの普通自動車道路から構成された道路交通ネットがあり、全国の前列に位置します。現在、山西省の4A以上の観光地は大部分が高速的に通ることができ、旅行の3時間旅行圏を形成し、即ち省都太原から出発して3時間だけですべての主要な観光地に到着することができます。

民用航空の方面で、省内には、太原、大同、運城、長治の4箇所の空港があり、その中で、太原武宿国際空港については、目下最大の型であるA380などの飛行機の降下の際の要求を満足させることができ、北京、広州、上海、天津、海口などの省都と主要都市の40箇所余りに直行便があり、既に太原から香港の定期便、太原から台北の定期便が開通しています。そして太原から日本、韓国、タイ、シンガポールなどの国際チャーター機の航路も開通しています。また、太原から北京経由でロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、フランクフルトと太原から広州経由でシンガポール、クアラルンプール、ペナンなどの8航路のコードシェア便の航路があります。大同空港は北京、広州、上海、西安、武漢、鄭州、海口、ウルムチ、長春、南京のなど都市へ開通しており、長治にもフライトがあります。長治王村空港から北京、上海、広州、成都、西安と省内の大同に直行便があります。運城関公空港から広州、太原、深セン、天津などの航空路線は、晋西南地区の航空の中心になっています。

 

 

図1:山西省各市鉄道や高速回線図

 

 

 

図2:山西路図