地理

地理

一、位置


山西省は中国の内陸省です。黄河中流の東岸に位置しており、華北平原西部の黄土高原の上にあります。省の周りを山と水に取り囲まれて、隣省(区)との自然境界がはっきりしています。東隣は河北省と太行山、西と南は黄河で隔てられて陝西省と河南省を眺め、北は外長城を界として内モンゴル自治区に隣接しています。

 

 

図1:山西の中国での位置

 

二、面積、地形


山西省の南北の长さは約680キロメートル、東西の幅は約380キロメートル,総面積は15.6万平方キロメートルです。

 
山西省は典型的な黄土に広範囲に覆われる山地高原で、地形は東北が高く西南が低く、高原の内部は起伏で、河谷が縦横で、地形のタイプは複雑で多様で、山地、丘、台地、平原があり、山が多く川が少なく、山地、丘の面積は12.5万平方キロメートルで、全省総面積の80.1%を占め、平地、河谷の面積は3.1万平方キロメートルのみで、19.9%占めます。全省の大部分の地区は海抜が1500m以上で、最高点は五台山の主峰の北台頂(葉闘峰)で、海抜が3058メートルで、「華北の屋根」と呼ばれます。最低点は垣曲県亳清河が黄河に入る川原で、海抜が180メートルのみです。東部で海抜が数十メートルの華北平原と照らし合わせて、山西の地形は全体的に隆起する地形が現れ、高原の中部で、1列の雁の列で並べた断陥盆地が分列します。中部の断陥盆地は山西高原を斜めに2つに断ち切り、東西両側は山地と高原とし、山西地形の切断面の輪郭は1つの「凹」字形のようにならせます。

 

三、主な山脈、河川  

 

主な山脈:東は太行山、西は呂梁山、北は恒山、五台山,南は中条山、中は太岳山です。

 

主な河川:山西河川の源は東西高原山地で、西と南に流れるのは黄河水系に属し、東に流れるのは海河水系に属します。全省は1,000本余りの大小河川があります。全省流域面積が100平方キロメートル以上の河川は250があります。黄河水系に属するのは汾河、沁河、涑水河、三川河、昕水河など142本で、流域面積は全省总面積の62%を占めます。海河水系に属するのは桑干河、滹沱河、漳河など81本で、流域面積は全省总面積の38%を占めます。


 

図2:太行山

 


 

図3:黄河

 

四、気候の特徴


山西の地形は多様で、高度の差が大きく、緯度による地帯性気候があり、また明らかな垂直の変化があります。山西は中緯度に位置しており、海から遠く離れていませんが、山脈による障壁のため、夏は季節風の影響が大きくなく、暖温帯、中温帯の大陸性気候に属します。年平均気温は-4℃~14℃の間です。気温の地区による分布は、南から北へ、平地から山へ向かうと少しずつ減る傾向です。北部と中部の山地では、年平均気温は5℃~7℃の間にあります。五台山では最低で、黄河西部の谷地ではわずか-4℃、太原盆地と晋東南の大部分の地区では、平均気温は8~10℃の間にあります。臨汾、運城盆地では、年平均
気温は12~14℃に達します。冬季の気温は、全省で0℃以下であり、夏季は全省で普遍的に高温であり、7月の気温は21~26℃の間になります。山西で霜が降りない期間は、南で長く、北では短くて、平地と河川の付近は長く、山地では短いです。大同盆地は110~140日、五台山ではわずか85日のみ、忻州盆地の以北と東部山岳地帯では135~155日、臨汾、運城盆地では200~220日続きます。全省の年間降水量は400~650ミリメートルあり、しかし季節によって平均的でなく、夏季6月~8月は降水量が集中し、しかも暴雨が多く、年間の降水量に占める割合は60%以上になります。全省の降水量は、地形の影響をとても多く受け、山岳地帯は比較的多く、盆地は比較的少ないです。
 

山西は大陸の東岸の内陸に位置しています。外枠は山脈でぐるりと囲まれています。そのため海風の影響を受けにくく、比較的に強い大陸性気候を形成しています。同時に、また内モンゴルの冬季の寒気団の攻撃を受けるため、北部は比較的寒く、それによって、山西の気候の特徴を形成しています。冬季が長く寒く乾燥しており、雨雪はめったにありません。夏季は短く非常に暑く、雨が多く、東南の風が強く、降水量は、主に雨期の7月、8月、9月の3ヶ月に集中して、年間降水量に占める割合は、65%~80%になります。春季は温度差が大きく、風と砂ぼこりが多く、乾燥していて、蒸発量は、比較的大きいです。秋季は短く、気候は温和で晴れ渡っています。

 


地理

一、位置


山西省は中国の内陸省です。黄河中流の東岸に位置しており、華北平原西部の黄土高原の上にあります。省の周りを山と水に取り囲まれて、隣省(区)との自然境界がはっきりしています。東隣は河北省と太行山、西と南は黄河で隔てられて陝西省と河南省を眺め、北は外長城を界として内モンゴル自治区に隣接しています。

 

 

図1:山西の中国での位置

 

二、面積、地形


山西省の南北の长さは約680キロメートル、東西の幅は約380キロメートル,総面積は15.6万平方キロメートルです。

 
山西省は典型的な黄土に広範囲に覆われる山地高原で、地形は東北が高く西南が低く、高原の内部は起伏で、河谷が縦横で、地形のタイプは複雑で多様で、山地、丘、台地、平原があり、山が多く川が少なく、山地、丘の面積は12.5万平方キロメートルで、全省総面積の80.1%を占め、平地、河谷の面積は3.1万平方キロメートルのみで、19.9%占めます。全省の大部分の地区は海抜が1500m以上で、最高点は五台山の主峰の北台頂(葉闘峰)で、海抜が3058メートルで、「華北の屋根」と呼ばれます。最低点は垣曲県亳清河が黄河に入る川原で、海抜が180メートルのみです。東部で海抜が数十メートルの華北平原と照らし合わせて、山西の地形は全体的に隆起する地形が現れ、高原の中部で、1列の雁の列で並べた断陥盆地が分列します。中部の断陥盆地は山西高原を斜めに2つに断ち切り、東西両側は山地と高原とし、山西地形の切断面の輪郭は1つの「凹」字形のようにならせます。

 

三、主な山脈、河川  

 

主な山脈:東は太行山、西は呂梁山、北は恒山、五台山,南は中条山、中は太岳山です。

 

主な河川:山西河川の源は東西高原山地で、西と南に流れるのは黄河水系に属し、東に流れるのは海河水系に属します。全省は1,000本余りの大小河川があります。全省流域面積が100平方キロメートル以上の河川は250があります。黄河水系に属するのは汾河、沁河、涑水河、三川河、昕水河など142本で、流域面積は全省总面積の62%を占めます。海河水系に属するのは桑干河、滹沱河、漳河など81本で、流域面積は全省总面積の38%を占めます。


 

図2:太行山

 


 

図3:黄河

 

四、気候の特徴


山西の地形は多様で、高度の差が大きく、緯度による地帯性気候があり、また明らかな垂直の変化があります。山西は中緯度に位置しており、海から遠く離れていませんが、山脈による障壁のため、夏は季節風の影響が大きくなく、暖温帯、中温帯の大陸性気候に属します。年平均気温は-4℃~14℃の間です。気温の地区による分布は、南から北へ、平地から山へ向かうと少しずつ減る傾向です。北部と中部の山地では、年平均気温は5℃~7℃の間にあります。五台山では最低で、黄河西部の谷地ではわずか-4℃、太原盆地と晋東南の大部分の地区では、平均気温は8~10℃の間にあります。臨汾、運城盆地では、年平均
気温は12~14℃に達します。冬季の気温は、全省で0℃以下であり、夏季は全省で普遍的に高温であり、7月の気温は21~26℃の間になります。山西で霜が降りない期間は、南で長く、北では短くて、平地と河川の付近は長く、山地では短いです。大同盆地は110~140日、五台山ではわずか85日のみ、忻州盆地の以北と東部山岳地帯では135~155日、臨汾、運城盆地では200~220日続きます。全省の年間降水量は400~650ミリメートルあり、しかし季節によって平均的でなく、夏季6月~8月は降水量が集中し、しかも暴雨が多く、年間の降水量に占める割合は60%以上になります。全省の降水量は、地形の影響をとても多く受け、山岳地帯は比較的多く、盆地は比較的少ないです。
 

山西は大陸の東岸の内陸に位置しています。外枠は山脈でぐるりと囲まれています。そのため海風の影響を受けにくく、比較的に強い大陸性気候を形成しています。同時に、また内モンゴルの冬季の寒気団の攻撃を受けるため、北部は比較的寒く、それによって、山西の気候の特徴を形成しています。冬季が長く寒く乾燥しており、雨雪はめったにありません。夏季は短く非常に暑く、雨が多く、東南の風が強く、降水量は、主に雨期の7月、8月、9月の3ヶ月に集中して、年間降水量に占める割合は、65%~80%になります。春季は温度差が大きく、風と砂ぼこりが多く、乾燥していて、蒸発量は、比較的大きいです。秋季は短く、気候は温和で晴れ渡っています。