宗教文化

宗教文化

宗教は人類社会が一定の歴史的段階まで発展し、現れる一種の文化現象で、社会イデオロギーに属し、ここから派生する信仰認知と儀式の活動は、一種の信念、信条です。

 

中国の古代の宗教文化は、主に仏教文化と道教文化であります。中国の宗教文化の場所の中で、山西地区はとりわけまばゆく光輝き、中国の仏教文化と道教文化の発展の重要基地であります。

 

山西は最初に仏教の洗礼を受けた地域の中の一つであります。東漢永平年の時、攝摩騰と竺法蘭は五台山に北上して、大孚霊鷲寺を建立し、これは山西の仏教文化の源となっています。西晋の末期、北方少数民族の政権は仏教を提唱して、山西籍の後趙皇帝、石勒が仏図澄を「大和尚」として、山西の境内の広建仏寺で尊奉しました。その後北魏の文成帝と孝文帝は傾国の力を尽くし、大同の雲岡に仏教石窟を切り開きました。仏寺の建物は山西の至るところに及びます。北斉時代の寺院建設の大道は極めて華麗な状態で、現在の太原西山一帯の寺院の多数は北斉時代に建立され、天竜山石窟がこの時期に精密な彫造芸術残しています。唐代は仏寺建設の最盛期で、山西は唐朝「竜興の地」として、則天武后の故郷として朝廷の重視を受けました。五台山だけでも寺院が360ヶ所余りあり、僧尼はますます一般大衆のものになりました。敦煌莫高窟に現存する石刻の「五台山図」は、唐代の五台山仏寺の盛況の描写です。元代は山西仏教文化の重要な融合の時代でした。元代の朝廷は政教並行制度を推し、チベット仏教が山西に入り始めました。フビライは中統年に、胆巴帝师に五台山寿寧寺を主宰するように命じ、そのため五台山は我が国唯一の漢の仏教とチベット仏教の文化を兼ね備えた聖地になりました。明清両朝の歴代帝王は朝五台山を拝謁する活動を頂点に推し進めて、康煕、乾隆の二帝の朝の活動も11回に達していました。数百年来、五台山は中華名族の大家族の一致団結を守るものとして、国際文化交流と世界平和の事業のために発した効果は、巨大であります。

 

山西は歴史上高僧を輩出し、竜象済済の才能が集まりました。東晋山西籍の高僧法顕は、真理を求め、忍耐強く頑張りぬいて、何にも屈しないで、勇猛で精進の献身的精神を持ち、一貫して中華名族の前進の動力を推進したので、魯迅に「中華の背中」と褒め称えられ、後代の人が彼を「西行救法の第一人者」として尊敬しています。同じ時代の山西籍の高僧の慧遠は、阿弥陀仏の浄土の要領を提唱して、その後の山西籍の高僧曇鸞弘布は浄土を教義し、浄土宗を開始しました。太原の州大寺(現在の蒙山)、交城玄中寺、綿山鸞公岩が、多くの力を浄土に尽くした、法門大徳を集め、玄中寺の浄土の祖廟の地位を確立しました。山西は仏教を広めて発展させる方面に重大な貢献をしただけではなくて、まだ仏教文物、芸術の宝庫で、全国で仏教遺産の最も豊富な地域の中の一つであります。仏教の第一の聖地五台山、壁画芸術の貴重な宝物の雲崗石窟、仏、道、儒の三つが、一つのになった悬空寺を教えます。現存している最高の木造建築の南禅寺大仏殿、北魏以降に歴代造った仏光寺から1ヶ所に集まります。現存する最高の木造建築は、応県木塔です。「東方のビーナス」の華厳寺、明代の彩色塑像芸術博物館、平遥の双林寺、浄土宗の発祥地の一つ、玄中寺、500の神が潜む、修理された秘悪寺、塔のようで殿のような法興寺、法顕の故郷の仙堂仏国、月下双塔は妙香寺に影を交え……広勝寺「趙城金藏」、岩山寺の金代の壁画、青竜寺の元代の壁画……山西は中国の仏教文化史上で挙足軽重の一挙手一投足が決定的な力を持つ地位を占めることをこれらが充分に説明しているのです。

 

道教は中国固有の宗教の一種で、現在までに1800数年の歴史があります。道教が山西でいつ興ったかは、正確な記録がありませんが、東漢までには、道教は山西で既に大体において基本的に形作られ、少数の地域では既に道教廟観を建造されていました。北魏王朝の統治の下、山西は北天道師の出身地で活動の中心地であり、山西の道教文化もこの時期に第一回目の歴史的ピーク期になりました。隋朝の統治者は道教にあまり興味を持たず、隋煬帝は道教を禁止する命令を下したことがあり、道教と関係がある本がすべて焼き払われました。唐朝の時代には、山西の道教は歴史上にまた1つの隆盛期に入りました。北宋時代、山西の各廟で観香火が盛んになり、道教徒の人数が絶えず増加しました。元朝の時代に、山西は現在の全国の最大で完全に保護された竜山石窟群を建立し、世上罕見世の中で稀にみる、元代の壁画の道教の宮殿式の建築群の芮城の永楽宮などを建設しました。明朝の統治者は道教に比較厳しい制限措置を採り、厳格に出家の人数を制限しました。明の末期、清の初期には、廟観は既に全省の都市と農村各地を見られ、清朝は仏教を尊重し道教を抑え、道教の各派は、皆ある程度停滞しました。清の末期には、既に脆弱な道教は耐えられず没落に向かいました。道教の歴史上の盛衰に従って、山西にはまた多くの有名な道士が輩出されました。例えば、寇謙之、呂洞賓、宋徳芳などです。

 

イスラム教は世界的な宗教の一つで、現存するイスラム教の古い寺の碑文の記録によると、唐代貞元年に「唐明鎮」というイスラムの布教者がありました。北宋の年代には、大食国の商人は山西で商業を営み、居留しました。13世紀には、モンゴル軍隊の大量のムスリムがまた多く山西に定住したのです。明の永楽時代には、大量のムスリムが陝甘寧一帯から、太原に転居し、イスラム教が急速に発展しました。歴代大量に山西に転居したムスリムは、次第に全省の範囲内に大きな分散と各地で小さく集中するという自然発生的な分布情況を形成しました。山西のムスリムは回族を主として、太原市南市街、南海街と長治市の三道営などはすべて有名な回族コミュニティです。山西省には106ヶ所にモスクがあり、有名なのは、大同市の九楼巷の大モスク、太原市の古いモスク、長治市の北モスクと南モスクなどはすべて、元代、明代に建てられました。山西省の老舗は、大原市清和元にあり、餃子で有名で、大同の伊蘭齋、長治市の伊香齋、晋城市の月盛楼、晋城市の芳心齋などがあります。

 

キリスト教が中国に入って来たのは比較的に早かったのですが、影響があったのは明代末、清代初期です。当時、まず山西に布教に来たのはイタリア人でした。清時代のキリスト教の伝播は、厳格な制限を受け、「黄埔条約」が締結され、キリスト教の布教を大々的に展開することが禁じられましたが、信徒の人数は増大しました。義和団運動の中で、キリスト教は山西で深刻な打撃を受けした。解放後、中国のキリスト教は自主独立で布教を始め、しかし紆余曲折の過程を経験しました。改革開放後、宗教信仰自由の政策の下で、山西の都市と農村の信仰者の人数は年々増加し始め、その中でたいへん人目を引くのは農村の宗教文化が盛んになったことで、西方のキリスト教、カトリック教の発展の勢いもたいへん力強いものです。バチカンのローマ法王が許可した板寺山聖母堂は、濃厚な古代ローマの芸術の風格がみなぎるカトリック教太原教区の司教の坐堂で山西の独自の風格を備えるキリスト教文化の媒介となっています。


宗教文化

宗教は人類社会が一定の歴史的段階まで発展し、現れる一種の文化現象で、社会イデオロギーに属し、ここから派生する信仰認知と儀式の活動は、一種の信念、信条です。

 

中国の古代の宗教文化は、主に仏教文化と道教文化であります。中国の宗教文化の場所の中で、山西地区はとりわけまばゆく光輝き、中国の仏教文化と道教文化の発展の重要基地であります。

 

山西は最初に仏教の洗礼を受けた地域の中の一つであります。東漢永平年の時、攝摩騰と竺法蘭は五台山に北上して、大孚霊鷲寺を建立し、これは山西の仏教文化の源となっています。西晋の末期、北方少数民族の政権は仏教を提唱して、山西籍の後趙皇帝、石勒が仏図澄を「大和尚」として、山西の境内の広建仏寺で尊奉しました。その後北魏の文成帝と孝文帝は傾国の力を尽くし、大同の雲岡に仏教石窟を切り開きました。仏寺の建物は山西の至るところに及びます。北斉時代の寺院建設の大道は極めて華麗な状態で、現在の太原西山一帯の寺院の多数は北斉時代に建立され、天竜山石窟がこの時期に精密な彫造芸術残しています。唐代は仏寺建設の最盛期で、山西は唐朝「竜興の地」として、則天武后の故郷として朝廷の重視を受けました。五台山だけでも寺院が360ヶ所余りあり、僧尼はますます一般大衆のものになりました。敦煌莫高窟に現存する石刻の「五台山図」は、唐代の五台山仏寺の盛況の描写です。元代は山西仏教文化の重要な融合の時代でした。元代の朝廷は政教並行制度を推し、チベット仏教が山西に入り始めました。フビライは中統年に、胆巴帝师に五台山寿寧寺を主宰するように命じ、そのため五台山は我が国唯一の漢の仏教とチベット仏教の文化を兼ね備えた聖地になりました。明清両朝の歴代帝王は朝五台山を拝謁する活動を頂点に推し進めて、康煕、乾隆の二帝の朝の活動も11回に達していました。数百年来、五台山は中華名族の大家族の一致団結を守るものとして、国際文化交流と世界平和の事業のために発した効果は、巨大であります。

 

山西は歴史上高僧を輩出し、竜象済済の才能が集まりました。東晋山西籍の高僧法顕は、真理を求め、忍耐強く頑張りぬいて、何にも屈しないで、勇猛で精進の献身的精神を持ち、一貫して中華名族の前進の動力を推進したので、魯迅に「中華の背中」と褒め称えられ、後代の人が彼を「西行救法の第一人者」として尊敬しています。同じ時代の山西籍の高僧の慧遠は、阿弥陀仏の浄土の要領を提唱して、その後の山西籍の高僧曇鸞弘布は浄土を教義し、浄土宗を開始しました。太原の州大寺(現在の蒙山)、交城玄中寺、綿山鸞公岩が、多くの力を浄土に尽くした、法門大徳を集め、玄中寺の浄土の祖廟の地位を確立しました。山西は仏教を広めて発展させる方面に重大な貢献をしただけではなくて、まだ仏教文物、芸術の宝庫で、全国で仏教遺産の最も豊富な地域の中の一つであります。仏教の第一の聖地五台山、壁画芸術の貴重な宝物の雲崗石窟、仏、道、儒の三つが、一つのになった悬空寺を教えます。現存している最高の木造建築の南禅寺大仏殿、北魏以降に歴代造った仏光寺から1ヶ所に集まります。現存する最高の木造建築は、応県木塔です。「東方のビーナス」の華厳寺、明代の彩色塑像芸術博物館、平遥の双林寺、浄土宗の発祥地の一つ、玄中寺、500の神が潜む、修理された秘悪寺、塔のようで殿のような法興寺、法顕の故郷の仙堂仏国、月下双塔は妙香寺に影を交え……広勝寺「趙城金藏」、岩山寺の金代の壁画、青竜寺の元代の壁画……山西は中国の仏教文化史上で挙足軽重の一挙手一投足が決定的な力を持つ地位を占めることをこれらが充分に説明しているのです。

 

道教は中国固有の宗教の一種で、現在までに1800数年の歴史があります。道教が山西でいつ興ったかは、正確な記録がありませんが、東漢までには、道教は山西で既に大体において基本的に形作られ、少数の地域では既に道教廟観を建造されていました。北魏王朝の統治の下、山西は北天道師の出身地で活動の中心地であり、山西の道教文化もこの時期に第一回目の歴史的ピーク期になりました。隋朝の統治者は道教にあまり興味を持たず、隋煬帝は道教を禁止する命令を下したことがあり、道教と関係がある本がすべて焼き払われました。唐朝の時代には、山西の道教は歴史上にまた1つの隆盛期に入りました。北宋時代、山西の各廟で観香火が盛んになり、道教徒の人数が絶えず増加しました。元朝の時代に、山西は現在の全国の最大で完全に保護された竜山石窟群を建立し、世上罕見世の中で稀にみる、元代の壁画の道教の宮殿式の建築群の芮城の永楽宮などを建設しました。明朝の統治者は道教に比較厳しい制限措置を採り、厳格に出家の人数を制限しました。明の末期、清の初期には、廟観は既に全省の都市と農村各地を見られ、清朝は仏教を尊重し道教を抑え、道教の各派は、皆ある程度停滞しました。清の末期には、既に脆弱な道教は耐えられず没落に向かいました。道教の歴史上の盛衰に従って、山西にはまた多くの有名な道士が輩出されました。例えば、寇謙之、呂洞賓、宋徳芳などです。

 

イスラム教は世界的な宗教の一つで、現存するイスラム教の古い寺の碑文の記録によると、唐代貞元年に「唐明鎮」というイスラムの布教者がありました。北宋の年代には、大食国の商人は山西で商業を営み、居留しました。13世紀には、モンゴル軍隊の大量のムスリムがまた多く山西に定住したのです。明の永楽時代には、大量のムスリムが陝甘寧一帯から、太原に転居し、イスラム教が急速に発展しました。歴代大量に山西に転居したムスリムは、次第に全省の範囲内に大きな分散と各地で小さく集中するという自然発生的な分布情況を形成しました。山西のムスリムは回族を主として、太原市南市街、南海街と長治市の三道営などはすべて有名な回族コミュニティです。山西省には106ヶ所にモスクがあり、有名なのは、大同市の九楼巷の大モスク、太原市の古いモスク、長治市の北モスクと南モスクなどはすべて、元代、明代に建てられました。山西省の老舗は、大原市清和元にあり、餃子で有名で、大同の伊蘭齋、長治市の伊香齋、晋城市の月盛楼、晋城市の芳心齋などがあります。

 

キリスト教が中国に入って来たのは比較的に早かったのですが、影響があったのは明代末、清代初期です。当時、まず山西に布教に来たのはイタリア人でした。清時代のキリスト教の伝播は、厳格な制限を受け、「黄埔条約」が締結され、キリスト教の布教を大々的に展開することが禁じられましたが、信徒の人数は増大しました。義和団運動の中で、キリスト教は山西で深刻な打撃を受けした。解放後、中国のキリスト教は自主独立で布教を始め、しかし紆余曲折の過程を経験しました。改革開放後、宗教信仰自由の政策の下で、山西の都市と農村の信仰者の人数は年々増加し始め、その中でたいへん人目を引くのは農村の宗教文化が盛んになったことで、西方のキリスト教、カトリック教の発展の勢いもたいへん力強いものです。バチカンのローマ法王が許可した板寺山聖母堂は、濃厚な古代ローマの芸術の風格がみなぎるカトリック教太原教区の司教の坐堂で山西の独自の風格を備えるキリスト教文化の媒介となっています。